2020年11月20日

ネクストホーム トップインタビュー


ネクストホーム トップインタビュー

ネクストホーム 豊建設工業株式会社

代表取締役社長仲島 光晴 氏

“住まいは人間形成の道場”
豊かさを内包した住まいで、文化創出の一助を担う

 『ネクストホーム』は、関わる人を一番の財産として、一棟一棟大切に作り上げて参りました。お客さまはもちろん、ともに家づくりに励む職人さんや社員一人ひとりとの絆があってこそ、私たちの今があると感じています。なぜ、人との繋がりを大事にしているのかというと、そもそも『ネクストホーム』設立のきっかけが『三井鉱産』の方から「レンガ住宅を作りたいから、建築の分野で力を貸してほしい」と声をかけていただいたことがきっかけにあるからです。もちろん実現するにあたっては、レンガを積む職人の育成から、ヨーロッパと日本の建築工法を融合まで、何一つ容易なことではありませんでした。けれども、そうして声をかけていただいたご縁で、私たちはレンガ住宅がもたらす“豊かさ”を深く知ることができたのです。レンガ住宅に共感し、「次世代に引き継がれるような家造りをお手伝いしたい」という一心で選りすぐりの職人たちをオーストラリアに送りました。本場の“ブロックレイヤー”たちの技を習得した職人たちとともに、建築への夢を詰め込んだレンガ住宅のビルダーとして立ち上がったのです。現在は、耐震性に優れた「テクノストラクチャー工法」と断熱性・耐久性の高いレンガを組み合わせ、次世代の基準を満たすハイブリッドな住まいづくりをご提案しています。一般的に200年は持つと言われるレンガ住宅。それは、そこに暮らす人だけでなく、長い目で見ると街づくりの視点や環境への負荷を軽減することにも繋がると自負しています。

 私が住まいを提案する上で大切にしているのは“住まいは人間形成の道場”という言葉です。「日々の生活習慣を通じて物事を学び、感化されていく人間にとって、生活環境の中心である住まいは、人間形成に大きな影響を与える」という意味ですが、この言葉を深く胸に刻みながら住まいと向き合っています。“家庭”とは、人々が生きる上で最少単位の集団ですが、そうした日常の中に驚きや癒しに満ちた豊かな文化を創出する一助となることができれば、社会はどれほど豊かなものになるでしょうか。

 また、昭和46年より『豊建設工業』として地域の仕事にも尽力して参りました。総合建設業としての幅広い知識と経験を活かし、地盤の見極めから、住まいのプランニングまで、最適なアドバイスをスピーディーにご提案できるよう努めています。どんな些細なことにも耳を傾け、安心して頂けるよう信頼関係の構築を第一に、日々品質・技術の向上に邁進しています。

ネクストホーム 豊建設工業株式会社
会社名 ネクストホーム(豊建設工業株式会社)
設立 平成4年5月
資本金 4,800万円
所在地 荒尾市大島町字角田104-5
TEL 0968-62-0478
webサイト https://www.next-home.jp/
この会社の詳細を見る