2020年11月20日

三友工務店 代表取締役 インタビュー


三友工務店 代表取締役 インタビュー

株式会社 三友工務店

代表取締役古閑 之博 氏

熊本市出身。東京理科大学理工学部建築学科卒業後、東京の設計事務所で構造設計を担当。帰郷後、設計事務所に勤務した後、1985年に三友工務店入社。2000年10月、現職就任。1級建築士。手帳や筆記具に目がない文房具マニア。

少しだけ時計をゆっくり回したら
家づくりはもっと楽しくなる

当社は昭和28年創業の工務店です。創業以来、上質な素材と職人のていねいな仕事で、ご家族の思いに寄り添いながら、家づくりに取り組んでいます。

家づくりの主役は、そこで暮らすご家族です。十人十色という言葉があるように、ご家族構成、趣味趣向、暮らし方など、ご家族の数だけ、家づくりの答えがあります。その答えを導き出すために、私たちがいちばん大切にしていることは、ご家族の皆さまとお話をする時間です。私たちの家づくりでは、建てる過程でアイデアを盛り込みながら、仕様などを変更することがよくあります。ご家族とともにじっくり時間をかけて導き出した答えに、未来のしあわせはあると考えているからです。これから家づくりに取り組むご家族の皆さんは、想いをどんどん私たちにぶつけてください。ご家族全員で家づくりをすすめることで、建てた後に“愛着”が生まれます。家に対する“愛着”を暮らしのなかでさらに育んでいただき、次の世代へと宝物のように受け継いでほしいと考えています。

私たちの家づくりは、最初のご相談からお引き渡しまで、設計士が対話をしながら二人三脚ですすめてまいります。当店に在籍する設計・工務などの技術者のほとんどが一級資格を持ち、その技術者と顔を突き合わせながらじっくりと家づくりをすすめることで、細かなご要望にもしっかりとお応えすることができます。主役であるご家族のしあわせを最優先に考える技術者が、いつもそばにいることで安心して家づくりに取り組むことができます。

あせらず、急がず、じっくりと。時計の針を少しだけゆっくり回すように、三友工務店は家づくりを進めます。普段は車で通り過ぎる道のりも自分の足でゆっくり歩いてみると、道端にきれいな花が咲いているのを見つけたり、かわいい雑貨が並ぶ素敵なショップと出会ったり。今まで気づかなかったいろんな出会いがあります。それは家づくりも同じことです。完成までの道のりをあせらず、急がず、一つひとつの工程をじっくり進めていけば、思いがけない喜びや感動と出会い、家族の絆が深まる納得の家づくりができます。ワクワク、ドキドキしながら、お客さまの夢を一つひとつカタチにしていくことが、私たちの喜びです。まじめに、ていねいに、お客さまによろこんでいただける上質な家をつくるために、私たちは誠実に情熱を持って取り組んでまいります。

(株)三友工務店
会社名 (株)三友工務店
設立 昭和28年8月(1953年)
資本金 4,000万円
所在地 熊本市中央区神水本町20-10
TEL (フリーダイヤル)0120-146-983(熊本県外の方は096-381-0003)
webサイト https://www.sanyu-k.jp/
この会社の詳細を見る